奨学金制度のご案内

ホーム >奨学金制度のご案内>奨学金について

奨学金制度のご案内(奨学金について)

福井民医連には、奨学金貸付制度があります。経済的に支援するということと、福井民医連の医療活動や看護活動に参加していただきたいという2点から作られたものです。決してお金で縛るものではありません。
福井民医連の医療や看護は、「患者さんの立場に立った親切で良い医療」を目指しています。
奨学生になっていただき、さまざまな体験を通して、より理解してほしいと思っています。また、学校を超えて同じ看護を目指す学生同士が学び、交流しあう場と考えています。
将来地域医療を考えている皆さん、充実した研修を考えている皆さん、福井民医連の奨学金制度の利用をおすすめいたします。

奨学金貸付制度の対象は・・・?

医療系職種を専攻する学生さんを応援します!!医師・歯科医師・看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・歯科衛生士を専攻する学生です。

奨学生になると・・・?

民医連主催の集まりに参加できる!民医連主催の様々な学習会や講習会に参加できます。

他の学校の医学生、看護学生、その他の医療系学生と交流できる!新入生歓迎企画、医系学生が集まるフィールドワーク、全国の民医連の奨学生が集まる企画への参加(民医連の医療と研修を考える医学生のつどい、看護学生向けの企画「DANS」、薬学生のつどいなど)、秋のフィールドワーク、病院のクリスマス会など 企画のあとには交流会がありますので、他学校の様子や勉強方法など確認できます。また必ず看護師など現場で働いている職員が参加するので、現場での様子や学校での勉強の悩みなどいつでも相談に乗ってもらえます。

毎月開かれる魅力的な奨学生会議医学生だと?
毎月1回松岡事務所か、光陽生協病院で開催します。現場の職員さんに講師をお願いして、「現在の医療制度」「キューバ医療の現状」など大学では知れない魅了的な学習会や、近況報告を兼ねた交流会も行います。1年生~6年生が和気藹々と参加しています

看護学生だと?
毎月第3金曜日18:00~20:30、光陽生協病院2Fの職員休憩室にて、看護師その他の職種と学習会や交流会をしています。最近の学習会では、検査技師による心電図学習会をシリーズで行いました。1年生~4年生の皆さんがわかりやすい内容となっています。

講演会に参加できたり、同じ道を目指す方々ともお話ができるので、とても役に立ちますョ!

奨学生になるには・・・?

申請を希望される方は、福井民医連 医学生担当までご連絡ください。面接の上申請の方法や奨学生制度の詳細などを説明させていただきます。(年度途中での申請も可能です。)

お問い合わせ先
福井県民主医療機関連合会 奨学金担当まで
※お問い合わせは、メールフォームからも受け付けております。
お問い合わせ先

その他の注意点

  • 福井民医連に就職し、奨学金を貸し付けた期間(年数)福井民医連の事業所で働けば返済はありません。しかし増額を申し込んだ場合、この増額部分については貸し付けた期間でご返済いただくことになります。福井民医連に就職しなかった場合は、増額含めて一括または、奨学金を受けた期間内に返済していただくことになります。ただし、銀行金利程度の利息がつきます。
    ※医師の場合、卒後臨床研修期間(2年間)はこの期間に含まれません。
  • 何らかの事情で奨学生を辞退した場合、それまで受け取っていた奨学金を返済していただきます。
  • 定められた主旨に反する行為、または著しく民医連綱領に反する言動・行為を行った場合は、支払った奨学金の支給を停止し、支払った奨学金の返済を求めます。